ミジンコブログ

アラフォー 子2人 猫 仕事

停電状態になりました。

台風21号の影響で、我が家に送電している電柱のヒューズが切れました。

 

朝起きたら、冷蔵庫がついてませんでした。

リビングの明かりがつかず、テレビもルータもついてないのです。

洗面所の明かりと、洗濯機、給湯器、二階の一部屋だけはOK。

ブレーカーを見ても、落ちてはいません。

 

夫を起こして東京電力に連絡をとってもらうと、午前10時くらいに見えた方より、ヒューズが切れた件を伝えられました。

しかし、その方は電柱にのぼれないので、あとでまた別の人を呼ぶと。

とりあえず、冷蔵庫だけはほっとくとやばいので動かしてプラグを伸ばし、電源が使えるコンセントへ。

夫と2人で冷蔵庫裏の掃除に明け暮れました。

午前11時くらいに来た人たちは様子を見て、「高所作業車がないと作業できないんですが、あいにく今日は各地に出払っていまして、いつ来れるかわからない状態です」と言いました。「今日中には…来れると思いますが」

 

…うう早く、来て〜

 

待機していないといけないので私はパートを休みました。

まわりのお家の人に聞いても、「うちは電気ついてるよ」とのことで、困っているのは我が家だけの模様。確かに、ニュースを見ても、うちは停電の地域に含まれていませんでした。

とりあえずお腹が空いたので、コンビニに食料を買いに行きました。

 

昼からずっと待機していましたが、日がでているうちは子どもたちも外に出たり、家で本を読んだりしていました(台風の影響で学校が休み)。同じく休みだったはずの夫は、「あ、今日は会議だったから会社行かなきゃ」と言って出て行きました。なんでだよ…

だんだん日が沈んでくると、焦りが出てきました。え…まだかな…みたいな。

いよいよ本や漫画を読むのもキツくなると、次男はブツブツ言い始めます。ヒマだの、ルータだけはつけろだの。

私は昔キャンプで使ったランタンと懐中電灯、ペンダントタイプのライトをもちこみますが、暗いと、どんどん気持ちが沈んできます。

長男はランタンすら消し、横になって、ゴダイゴガンダーラ大貫妙子メトロポリタン美術館などを黙って聴いていました。ちょうど、ここのところ「キノの旅」を一気見していたこともあって、何か浸っていたのかもしれません。

私は白菜と豚肉を並べた鍋を作りました。

長男は「おれはサンドイッチ食べたからいい」と二階へ。次男は相変わらずWi-Fiつけろ、Wi-Fiつけろとうるさい。暗闇でしばらくiPhoneからAmazonミュージックのプレイリストの、なるべく陽気な洋楽ポップスを流しましたが微妙な空気が流れました。

 

結局東電さんが来たのは20時前。30分ほど全ての電気を消して作業され、すべて復旧したのは20時50分頃でした。

 

つ、つらかった…

 

リビングに明かりがないだけで、こんなに気持ちが陰鬱とするなんて。

ランタンも、1つだけだと心許ないです。

幸い、それほど寒い日ではなかったから毛布くらいで防寒できたけれど、もっと冬場だったらかなり厳しい状況でした。猫たちを抱いたりもしたけど…保護猫の部屋も暗いし、ホットカーペットつかないしで気の毒でした。

 

夜明るいのは大事ですね…

身にしみました。台風こわい。