読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミジンコブログ

徒然を、不定期で。

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦見に行きました。

仮面ライダー 映画

なるべくネタバレしないようにしますが個人の感想です。

これまでの全てのライダー映画、MOVIE大戦は視聴済の私と小中学生の息子たち、3人で初日初回行ってまいりました。

DVDつきパンフも買ってスタンバイ。トイレに行きたくなっちゃうから飲み物買わず。我々は準備万端でした。しかし。

 

なんかねー…

 

見てる最中ヒシヒシとデジャブを感じたんです。

ざわざわ、椅子ガタガタする他所の小さな子供たち。

覚えのある空気感なんですよ…

あの、2006年の、夏のヒーロー映画。ボウケンジャーの後にやった、あれ。

 

劇場版仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE

 

夏だ!夏休みだ!かっこいいヒーロー映画だ!

とワクワクドキドキ劇場に足を運んだら、まさかの湿っぽさを長々と食らって戸惑い、爽快で派手な戦闘シーンはまだなの、え、まだ続くのこの感じ??もう涙とかいーよ…とざわざわ周りの子供たちがざわついていたあの時の映画館。

 

あの空気すごい思い出した。

子供にとっちゃ春休みの、ヒーローごっちゃまぜの、お祭り映画だと思うんです。なんでバグスターウィルス感染患者じゃないのにCRが担当すんだ?とかそういう細かいとこは目をつぶるにしても、もうちょっとテンポよくして欲しかったし、湿っぽい部分が長すぎた気がしたなあ。だから肝心の歴代のヒーロー登場がとってつけた感じだった気がする。

脚本が同じ米村さんなのは偶然なんだろうか…

 

主人公としては表紙のエグゼイド&シシレッドというよりブレイブで、ヒロインはジュウオウタイガーのアムでした。シシレッドにいたっては現・戦隊のセンターメンバーなのにすっごいサバサバした扱い。彼よりナーガを重視してましたね。

そして最も大人なキャラがポッピーピポパポ。いやーしかし松田るかさんはすごいね。ピンク色の髪の毛がまったく違和感ないし、ポッピーと普段とで声とかガラッと変わるし。

 

また私や息子たちにとって、今回一番引っかかったゾルダの存在。

結局、なぜ北岡なんだ、北岡じゃないといけなかったのか、というのが見終わってもよくわからなかったという…あのメンバーにゾルダ混じってる絵面がすごい面白かったけど。

龍騎の大ファンの次男からすると、ファイナルベントないのが非常に不満だったそう。だよね…ゾルダって言ったらマグナギガだよね…。

 

ゴライダーはビデオパスで無料ぶんの一話も見たけど、まだどうともいえなくて戸惑ってる。続きが見たいけどauじゃないと見れないなんて辛すぎる。

 

そんなわけで、我々としてはいまひとつ満足できなかった今回の映画ですが、パンフレットとメイキングDVDをこれから楽しもうと思います。