ミジンコブログ

アラフォー 子2人 猫 仕事

叱られなくなった人の行く末は

社員の人が結婚された。お付き合いの長い人だという。

それはめでたいし、おめでとうございますと言ったが、社長はもういろいろしたくてウズウズしていたようだった。

みんなでお祝いするから!と言われカンパを求められたのでパートの1人として1000円渡した。

そして寄せ書きを書けと言われ、書いた。

みんな遠慮がちに色紙の端に書いて余白が空くので私はかわいめのイラストで埋めた。

 

社長「近所の花屋に胡蝶蘭注文したから取りに行って」

…これは最年長のパートさんが行ったが、でっかい鉢植えの胡蝶蘭をはるばる遠くから電車でやってくる社員(普段はこちらの事務所には来ない)にプレゼントって…どう考えても持って帰るのが大変そうだ。

普通、自宅に送るんではないだろうかと他のパートさんたちと話していたが、ようは、社長がみんなの前で「プレゼントしたぞ!」というのを見せたいためらしい。

また「お昼は俺がおごるから!」と社長がいうのでお昼持たずに行くと、どうやら銀のさらに出前を頼んでいたらしく、昼前にインターホンが鳴った。

社長も社員たちも「大事な会議」とやらで誰も反応せず。結局それもパートが対応した。

お寿司だと生魚が食べられないひとがいる、ということで、釜飯のほう。釜寅。

「えー、下から火つけるやつじゃないんだ」という社長。むしろいままで釜寅で頼んだことないのかよ。

食べ終わったあと、何もせず社員たちは仕事に戻っていったので(お祝いされる社員はいいけどそれ以外もである)、釜や容器、お椀などの食器すすぎや片づけ、生ゴミの処理は我々パートがやった。

たわしでゴシゴシすると傷つくから洗わないでいい、っていうとこもあるだろうけど…やはりご飯が入ってた容器をゆすぎもしないってどうかしてるじゃないですか。少なくとも我々パートはみんなそんな意識なんだけど。

なんかうちの社長ってやりたいことを思いついたままやって後処理とかしないからみんなこっちがやってんだけど、それってまんま「子供」の行動であって、それが恥ずかしいとかって認識全くないんだよね。そんで「さすが主婦ー!」とか人を褒めたつもりで言う。

さすが主婦じゃねえよ…ふつうに当たり前のことだよ…だからさすが主婦、なんて言ってもだれも喜ばないんだよ…。

 

「うちの子がこんなんだったら叱るわ…」

と諦め気味に年長パートさんが言った。ああ、そうか、と思う。きっと親に『こういうことでは』教えられたり怒られたりしたことがないんだろう。そして、うちの子だったら叱るわというのは、もうよそのおっさんのことなど叱ることはないということだ。

私も自分の子にはしっかり教えていこう。