読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミジンコブログ

徒然を、不定期で。

他人の働き方より、自分を評価されたいっておもうんだが

仕事 人づきあい 考え方

こないだ、一番古巣のパートさんが帰り際意を決したように社長に「話があるんですけど」と言って、社長とどこかに消えたので、私は「お?ついに時給のこと言うのかな?私も便乗したいけどまだ業務おわんねぇええ」って感じで気になってはいたんです。

後日、そのパートさんと話をしてみると。

「あー、新人のAさんが、あまりにちょくちょく勤務時間誤魔化してるから、それだけじゃなく他にもちょっともう我慢できなくて、社長に話した」とのこと。

 

えっ…そ、そっち??

 

「さんざんぶちまけたけど、社長はウンウンわかったって言うだけ。だから今後は紙でコール件数とか報告することになったし(IT企業なのに…)Aさんが仕事つらくてやめてもそれはそれで仕方ないと思う、みたいに言われた」

 

まあ社長としては、そう、言うでしょうね…

 

社長としては一番古巣のパートさんの機嫌は損ねたくない。一番のやり手営業マンだし、彼女を失ったらぶっちゃけ営業力がシャレにならないくらい落ちるのは確かだ。かといって、入ってきたパートが平均して1年もつかもたないかのこの業務で、半年経ったAさんを即辞めさせるわけにもいかないし、注意するにしたって、勤務時間を誤魔化したという証拠はない。ただ、コール件数が少ない、くらいがせいぜい叩けるところだろう。

 

なぜ、古巣のパートさんは、『自分の働き方のほうが価値があるんだから、時給を上げてくれ』というほうに行かなかったのだろう。

これでは、「Aさんはズルい」とただチクっただけではないか…

 

その後、コール件数のことはもろもろ言われたんであろう、Aさんは私に「自分の数えた件数とPC上の数字が違う。社員に改ざんされているのではないかと、誰も信じられなくなってる」といったLINEを送ってきた。

私は、「社員は確かにパートの働き方をろくに見てもないいい加減な人たちだけど、数字をわざわざ改ざんするようなことはしないと思いますよ。メリットないし…」と送った。数字が違うのは、システムのエラーかもしれないから社員に相談したほうが良いと。

私から見ても、Aさんは相当ネガティブになっているようだった。そして、会社を休みがちになっている。

 

今朝は「もう、これからは在宅でやりたいと思ってます」という内容を送ってきた。私はそれならばそれでいいんじゃないかと思うが、古巣のパートさんたちの反応は違った。

「ええ?これからずっと在宅なの?いろいろ言われるから嫌だってこと?ズルいよそんなの」

 

んー、ズルい、のか?

出社も在宅も会社が用意している以上、ズルいとかズルくないとかの話ではないと思うんだが…

でもあれなんだね。とにかく古巣のパートさんは、Aさんが好きじゃなくて、たぶん、彼女のやり方がなんでも気にくわない、みたいな、そういうところにいっちゃってるよね。すでに。

 

これ、私ができることはないじゃん…?

むしろ、下手に私が口出したら余計ややこしくなるパティーンじゃん。

 

やめよう。変に関わるのは。

 

私は正直、他のパートさんがどういう働き方してるかはどうでもいいっていうか、ほんとなんでだよ、と思うんですよね…

ズルしてたとしてもそんなんいずれバレるし、何より自分の実にならないからいずれボロが出るでしょ。

それよりも有能に真面目に働く私の時給あげろよ!みたいに、つよく、おもいます。ええ。