ミジンコブログ

徒然を、不定期で。

落ち着くんだ・・・虚数を数えて落ち着くんだ

最近、子供たちの読書感想文用の本を借りに行くついでに、自分も図書館でちょこちょこと本を借りるようになりました。

昔の、別冊ニュートン読むのが楽しくて、夜「虚数ヤバい。宇宙ヤバい」とか読んでるうちに爆睡するまでが毎日のデフォになりつつあります。

仕事は、相変わらず安い時給でえらい重いことをやらされています。広告とかランディングページとか。重いことを結構なスピードでやってるんじゃないかと自分では思ってるんですが、相変わらず社員の人たちはコンテンツなんてチャチャッと作れちゃうんでしょ?的なノリで仕事をふってくるし、私が仕上げても出来をちゃんと見てくれてなくて、社長から「(なんかよくわかんないけど)いいんじゃない?いけるいける!」みたいな、テキトーな感じで言われてます(そして後から修正を言われるっていう)。なんか、会社にはあまり顔を出さない社員の一人が精神的なもので体を崩しているらしく、どうも彼の仕事もまわってきている模様。それはまあいいんだけど、私の他にもパソコンがある程度さわれる人いないとほんとまずいと思うよ。ねえ。

 

家に帰れば子供たちがゲームやらネットやらやってるんですけど、家のネット環境があんまり芳しくない。細い回線なんでいくつもつなげたらそりゃあつながらなくなるわけなんですけど、もはや限界を感じています。私なんかはもう家に居てまでネットとかあんましたくないんですけど、℃-uteの曲を購入してiPhoneで聴いたり聖闘士星矢黄金魂を繰り返し視聴したりしたいので「やっすいルーターのせいもあるかな」なんて思ってケーズデンキルーターを見てました。そしたら「ADSL?蛇口と一緒でね、いくら太い回線が出せるルーター買ったところで、元の回線が細ければ変わりませんよ」と店員さんに言われ、あれよあれよと気がつけばソフトバンク光と契約していました。まるでポルナレフの気分でした。いくばくかのキャッシュバックがいただけるとのことでやり方を聞いてましたところ、いったんフレッツ光に入ってからあちこちに電話してオプション契約をやめるとかいう複雑な手続きを踏まねばならず、大丈夫なのかと一抹の不安を覚えています。ちなみに隣には夫も座っていましたが、完全に目が死んでいました。営業に負ける私に対して家では強気にツッコミを入れてくるのに、いざその場に居合わせたとしても何も言わない夫。ふふ、止めてくれないとのせられてあたしiPhone6に機種変もしちゃうぞ。

 

ところで今年はPTAも広報部という何やら面倒くさそうな役職につくことになりました。年間行事とか職員紹介とかの学校便りを作成するアレです。例年、パソコン講座を開いてWordで作成してると聞いてちょっとビビりました。逆に私には難しそうなのでAdobe使わせてもらいますわ・・・っていうか結局役員でさえもパソコンから逃れられないのか。何気に会社から借りてるiMac大活躍すぎて頭が上がらないのであります。仕事・・・がんばります。