読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミジンコブログ

徒然を、不定期で。

ボーボボすごいなー。

漫画 子供 家庭
次男9歳が10秒ごとにケラケラ笑っている。ウフフフ、ククッ、プハッ、あはははは!って感じで。

長男12歳は4〜5分ごとに「クッ」って感じで笑ってた。

私はというと、6巻あたりで疲れて休止。
でも「コーンシチューのここんとこのフタが、クリームシチューんとこと違ってクリームのフタがコーンシチューのフタコーンシチューの」っていうフレーズがやたら好きで、なんかそこばっかり読んでた。あと忍空が出てくるとこ。今の子忍空しらないんだよな…ゲームボーイの通信ケーブルとか。

夫は、1巻読み終えたあたりでもう辛そうだった。

夫が辛いとおもったポイントと同じかは知らないけど、なんとなくわかる気がした。
彼はお笑いでもなんでもちょっと品があって知的なやつが好きだからな。彼が好きなやつがホントに知的かどうかはおいといて。


私はなんかこう、ウンコ!みたいなあからさまな下ネタはさておき(でもボーボボは下ネタ自体はあえて自重しているようにも感じる)、さんざんアゲたテンションから「唐突に仲間はずれ」みたいのが地味に堪える。とりあえずぶっこんだヤツ勝ち!でも作者の気まぐれで同じようにぶっこんだヤツは自爆するよ?みたいな。笑うというよりハラハラする。
ギャグ漫画ってそういう緩急がミソだけど、読者の想像の範囲内でやるか、斜め上を行くか、裏切るか、いろいろ難しいところなんだろうな。考えすぎて疲れてしまうのだ。リズム感いいのは好きだけど。

とにかく、次男向きである。

それがわかっただけでも収穫だ!