読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミジンコブログ

徒然を、不定期で。

猫との付き合い方

岩合光昭さんの世界ネコ歩き、大好きなんだけど、引っかかる点があって、それは野良への餌やりとか、外飼いすることについて、だ。

外国編ではあからさまに餌やりおばさんが出てくるけども、これ日本でやっちゃったら大変だな〜と思うシーンがたまに出てくる。

日本の場合も相当な地方であって、村というか島全体で面倒を見ている雰囲気というか、ごはんなんかもモロに人の残飯とかだったりしてちょっとヒヤヒヤするが、きっとそこはそこで成り立っているのだろう。

たぶんそういうところで去勢・避妊手術をされているようには思えないし、生まれた子猫が皆育ってるわけじゃないと思う。おそらく自然淘汰状態なんだろう。それがいいのか悪いのかつい考えてしまう。いいのだとしたら子猫の多くは死んでいって当たり前だし、保護している人はなんなんだということになってしまう。また、自然淘汰が悪いのならば人間が管理したほうがいいのだという話になる。命を管理する。管理しないとうまくいかない社会。そこも釈然としない。

でも私はボランティアではないし、人の飼い方までどうこう言うことはできない。奔放に暮らす外猫とその餌をやる人に対して、微笑ましく見ながらも、私の猫との付き合い方とは違うなー、と気持ちの上で引っかかってるだけでしかない。どういうスタンスであれ所詮エゴだし、と言われればそうとしか言えない。ネコ歩きはいろんなことを考えさせる。

ところ変わってうちの地域は関東圏、けして都会ではないが車の往来が激しく、運転マナーも行き届いてるとは言えない。一般道をヤバいスピードで走ってるような、ヤンキー気質な人が多い土地だ。猫のみならず人の事故も多い。猫を守るなら絶対室内飼いのほうがいい、と私は思う。
が、外飼いしているひとはまだまだ多い。年配の人に特にその傾向は顕著だ。ネコ歩きの感覚でいる人と、私のように「室内飼いするもの」と考える人が混在する地域だと思う。

年配の人と話す機会がたまにあるが、そもそも「猫を完全室内飼いする」感覚が薄いのだ。昔から猫は自由に家を出入りするものだし、勝手にどこかで子供作ってくるし、死ぬ時はいつの間にかいなくなるし、それの何が悪いの?みたいな。やるのは餌やりと、天候悪い時は家に入れてやるレベル…むしろ室内しかいけないなんて猫がかわいそう、といった考えである。この感覚をもった人を室内飼いするよう説得するのは、まあ、まず無理である。

前勤めてた飲食店の店長は、まさにその感覚で猫を飼うタイプで、店ん中に野良を入れて、残りものをやったりしていた。その子は私が見た時にはすでに孕んでて、まもなく4匹の子猫をそこの事務所で産んだ。猫のほうも弁えたもので厨房の中に入ってくることはなかった。店長は情が湧いて子猫を自宅に連れ帰ったけど、すでに先住猫はいるし(それも外猫)、母猫は連れ帰らず避妊させずにほうっておいた。さらに「多いからかつて猫を一度捨てようと思って山ん中に置いてきたけど、帰ってきたからもう離れられなくなった。今では家族」ということを美談のように語ってきたことがあり、「まず捨てる気持ちがわからんし、それで家族とかって軽々しく言うのもわからん」の私は感覚の違いに絶望した。何度も避妊させるかせめて室内で飼ったら、ということは言ったが無意味だった。彼らにとって猫は自然の産物で、自分たちの生活を脅かすことがないうちは自分都合でかわいがり、都合が悪くなったら「捨てる」という形でオサラバできる存在なのだろう。

具体的に自分のキャパは何匹までだろう…と考える。食費、トイレ砂、医療費、居住スペース、寿命、猫の性格もろもろを考えると4匹くらいまでかな。猫がたくさんいるのは確かに幸せなんだけど、あんまりにも多くいる状態は想像つかない。3匹いる今でさえ、ちょっと苦々しい反応をしてくる人もいるので、人から見れば私も充分猫狂いなのかもしれない。

かつて、SNS上で趣味話のやりとりしていた既婚男性がいた。で、奥さんのほうが猫にハマり出してどんどん増えていってる話を聞いていた。何処かから引き取ったり、ペットショップで購入したり。私も周りの人も、最初は猫の写真にかわいいですねと和やかにコメントしていたが、10匹を超えたあたりで少しずつ心配の声を残していた。だってどれだけの広さかは知らないけどマンションだと聞いていたから。でもその人は大丈夫、奥さんを信じている、の一点張りだった。12匹が私の知りうる限りの数で、それ以降その人はそこでの日記更新をやめてしまったのでわからなくなった。本人たちが納得しているなら、とは表向き思うが、やはり心配だった。私はその人たちを結局信用できなかったのだ。飼育崩壊するんじゃないかと疑ったのだ。大きなお世話だと向こうは思ったろう。私が引き取るわけでもあるまいし。

私がちっさな枠の中で猫との付き合いを考えている間にも、新たな猫は生まれ、死んでいく。生きている猫はそれだけで素晴らしい。もうそういうことにして接したい。猫は、とくに存分に触れるうちの猫は、今日もひたすら癒してくれる。

f:id:tarako3016:20140807224825j:plain