読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミジンコブログ

徒然を、不定期で。

子供たちの暇つぶしになるかと15分で絵本を描いたが微妙な顔をされた件

趣味 子供

<前提のお話>
4月の話なんですがね、
長男が学校で小さな本を作るという課題があり、彼は
「塩ラーメン好きの少年と味噌ラーメン好きの少女が
 どちらがおいしいかで争っていたところ、
 突然赤鬼に少女がさらわれ、少年が助けに行く冒険談」という
ストーリー、「ラーメン伝説」を作成したんです。
 
その夜、家族でファミレスに外食に行くことになり、
待ち時間の間ヒマかな、と思って私が15分程度で
「ラーメン伝説ミニ」という絵本を、
コピー紙を切り取ってホチキスで止めて作りました。
 

表紙。

昔々あるところに しょうゆニャンととんこつミャーオがいました。

2ひきはどっちがうまいかでよくケンカしたのですが――――――
・・・?

2ひきはどうしてあらそっていたのか を よくわすれました。
そしてー

しょうゆニャンはきまって走りだすのです。
しょうゆラーメンのおいしいお店へ。

そこには いかつい 店主がいて――――――
しょうゆニャンはすべてをわすれそうになります。

しょうゆニャンはおもいだそうとします。
まめくん まめくん だいずのようせい。

まめくんは だいずからしょうゆをつくります。
あっ そうかあ

ひややっこください!
しょうゆニャンはおいだされました。

そのころ まちくたびれたとんこつミャーオは・・・
ねてました。

そんなわけで しょうゆととんこつの けっちゃくは――――――
えいえんにつかないんだ!!!

おわり。
2013年4月11日
 
 
これを子供たちに見せると
 
長男「オチがパクリ(北斗の拳)とは残念」
次男「表紙が内容と関係がない」
 
という、非常にまっとうな感想をもらいました。
 
もうね、難しい年齢ですよ。