読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミジンコブログ

徒然を、不定期で。

専業主婦なんてpgrって言いたい人が多いんだよなあ。

家庭

小町にわかりやすいトピが立ち、話題になっている。
 
夫に家事をやってみろと激怒したら・・・
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2013/0609/597978.htm
 
一見してウン、釣りだね。といえる話なのだが
これがそれなりに話題になるという事態にうすら気持ち悪い。
 
結局このテの記事が言いたいのは
「主婦は大変大変なんて愚痴ってばっかいるけどよォォォ、
 掃除も洗濯も飯炊きも機械がやってくれる現代社会で
 ナニ甘ったれてんだよォォ!ざけんじゃねえよ!
 てめーらも働けよ社畜言われる苦しみを味わえ糞がァ」
ってことです。
 
なんかどうもね、自分より楽をしている(と思う)人種許せない、
みたいな、そういう集団心理が盛り上がるのね。
 
主婦の中にも「いっぺんやってみろボケが」と煽り返す人もいますから
おおやってやったよ!少なくともテメーよりできるよ!という人が出てくる。
私ー働きながらやってるけどー、ホントなめてるよね専業ってー、という人が出てくる。
うんこの投げ合いになる。
それを見てキャッキャと喜ぶヲチャーがいる・・・というインターネッツの図。
 
見なきゃいいじゃんと言う方もいますが、実際そういうのに感化されて
面と向かって「専業主婦pgr」をしてくる輩もいますので
主婦として頭の痛い問題です。
いや、単に「専業なんてこの時代にしんじらんなーい、よくやれるよね、プッ」なんて
言われること自体はもうほっとけほっとけって感じなんですけど
往々にしてそういう人は人格否定を行ってくるのでいちいち面倒くさい。
こちらの言うことなすことハナから馬鹿にするモードになってきますし
会話も成り立たなくなる――――――そんなこともあります。
お金を稼いでいないぶん、そこをつかれるとどうしても弱いので
専業主婦側の言い分はいつも体感的なものでしかない、というのも
この問題がなかなか終わらない理由のひとつかもしれません。
で、パートをやったらやったで「その程度の時間労働と稼ぎで」。
フルタイムのをはじめたらはじめたで「そんなのみんなやってる」といわれ。
そうやって主婦の首は絞められていくんですね。
 
感情的にならず、こと細かく一日のスケジュールを公開し、
発生するトラブルやご近所、PTAなどの人間関係の複雑さなどを伝え、
しかもそれが毎日何年何十年続くのかとか(重要事項)
客観的に主婦業を書き表している方には頭が下がります。
私はもう・・・“楽が出来るとこはラクする”で行くことを決めているので
少なくともテメーよりできるよ!と言われた時点でハイハイお願いします、となりますが。
 
あとあれだね。「育児してんなら仕方ないよ」も派生定型文だね。
 
つまり「子供が小さいうちは家事手抜きもまあおおめに見るけど・・・
子供ある程度大きくなったりとか小梨専業はダメじゃない?」というもの。
優しく慰めているようで、帰結はやはり甘えんな、と言っているパターン。
 
自分が心がけることとしてならわかりますが他人に適用するとなると向き不向きもあるんじゃないんですかね。
っていうかそもそもなんでよそ様の奥さんに「こうであるべき」なんてことがいえるのか
本当にそのへん考えてみたことあんのかなー、
って思ったりします。