読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミジンコブログ

徒然を、不定期で。

なんだか不思議だなあ。

小2にネット環境は与えるべきか?
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20120216-00022848-r25&vos=nr25ln0000001
 
これ、ひところ流行った表現規制の話題では
少なからぬネットユーザーが「子供を理由に規制するな」って反発を抱いて、
ほんで、「子供をいつまでも穢れない環境に囲い込むんじゃなくて
親が教育しろ!教育すれば問題ないだろ!」みたいな論調があったのに
いざ実際にこういう事例が起こったときには
「小2にネットはまだ早い!!」って論調のほうが目立ってしまうんだね・・・
 
ああいや、表現そのものを規制する云々とゾーニングは違うってことは
重々わかってるし、ネットの場合はまた少し違うんだろうけど
言いたいのは「汚いものにフタをして子供に見せないようにしとくのは卑怯」みたいな、
そういうふうに親バッシングに走ってた人もいたはずなのに
(これははてな界隈で多かった)
こっちだと「そもそも小2にネット環境を与えるなんて!」てので
批判する声が多いのが不思議だなということ。
2chはてなの違い?
 
結局、実際の子育て、教育について具体的に想像をせずに
感覚的に発言している人が多いのだろうな。 
実際親という立場からすると、どっちにしろ勝手なことばっかり言いやがってと
イラッとするしもうええわとなる。
 
 
うちはリビングにPCがあって、
9歳の長男にも6歳の次男にも触らせている。私の見てる前でだけど。
キーボードの練習させたり、簡単なゲームやらせたり、調べ物させたり。
あるいは、私が見て面白いと思う画像・動画を見せたりもしている。
まあ、覚えが早いよ。
今のところ、ソーシャルな使い方は一切興味ないみたいなんで静観してる。
 
 
ところで最近子供たちが漫画を読むことを覚え始めた、ということを
前々回のエントリに書いたのだけど、
子供の興味ってホント怒涛の速さで加速していくもんで
私自身、日々決断に迫られている。
 
ベルセルクを長男が読みたがっていて、
ちょっと私は、どうしよっかなあ・・・という迷いがあった。
北斗の拳にハマりにハマって(今もブーム続行中で)、
毎日次男と秘孔ごっこしたり、名台詞呟いたりしてる長男。
なんでもないときにも「長男はカイ、次男ブコウ、末弟サトラ・・・」とか
ひとりでブツブツ呟いてる彼を見てさ、夫は心配そうに言ったよ。
「・・・こいつにベルセルクは見せたくねえな」って。
私も悪いがそう思ったのだった。
 
いやすでに、8巻くらいまでは読ませちゃったんだけどさ。
グリフィスがやばくなって、キャスカがあんなことになるまえの・・・
初期のへんね。
 
殴る蹴る、剣などで戦うといった暴力表現とか、血しぶきとか、
触手ウネウネ内臓グチョグチョのグロとかは「見せたくない!」とは思わない。
でも、セックスの何たるかもまだあんまりわかってないうちから
凄惨な性暴力シーンてどうなんだ。と。
私としてはここに引っかかってあんまり見せたくないという気持ちだった。
母が私にと貸してくれたDVD、映画「ドラゴン・タトゥーの女」も見たがったのだが
「これはR指定だからなー」って見せないようにしたのも、同じような理由。
夫の気持ちについてはわからん。
単純にブツブツ言う長男を見て「現実と虚構の区別がついてねーじゃん」って思ったのかも。
 
ベルセルクのストーリーは本当に面白いし、
私もできれば続きを読みたいんだけども
今の状態で続きを読ませるくらいならそりゃあ我慢するほうをとる。
北斗の拳みたいなノリで受け取られるのはいやなんだよな。
子供のことを、まるっきり信じてないわけじゃあないんだけど
・・・いやそれは詭弁か。やっぱり信じてないからそう思うのか。
複雑な感情があった。
 
とりあえず別の漫画にするか、と自殺島を借りてきたんだけど
結局この漫画にもレイプシーンあったな・・・
・・・
意味のない行動をとってしまった・・・
 
自殺島を読んだ長男は、サバイバルに対する単純な興味が生じたのと
主人公の飼う犬のかわいさに萌えていた。
本当に、杞憂だな私。