読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミジンコブログ

徒然を、不定期で。

モーモンの去勢手術前の検査に行ってきた。

そろそろモーモンにも去勢手術を受けさせたいと思い、病院に予約の電話を入れました。
健康な猫ならばそのまま手術前の注意事項を聞いて当日に連れて行く形のようですが
モーモンの場合目の手術もやるかもということで、術前検査をお願いしました。
 
 
目については網膜が剥離しているので、白く垂れ下がっている部分を切り取ることで
うまくいけば目の透明度が増すだろう、ということでした。
  

で、血液検査。
 
 
これが引っかかったのです。
 
 
BUN(尿素窒素)の数値は正常範囲内だったのですが
クレアチニンの値が異常だと。
これは、腎臓の機能が75%以上失われないと出ない数値で、
この項目はビタ一文正常範囲から外れてはいけないもののようです。
老猫ならともかく、1歳に満たない彼が腎機能不全・・・?
お医者さんも「うーん、触った感じおかしなところはないですし、
食欲もあって、水を飲むのもおしっこも普通でしょ?おかしいなあ」と
いうので、もっかい調べてもらいました。
でも、やはりクレアチニンの数値が高い。
 
 
とりあえず、食べ物からの可能性も捨てきれないということで
今食べている缶詰のメーカーを変えてしばらく様子を見ることにし、
12月頭に入れていた手術の予約はキャンセルし、延期することにしました。
麻酔を使うのに、この数値では問題だというので。
 
結果的に術前検査が正解だったわけですが
思いもよらぬ新たな問題に不安な気持ちになってます。
ちょっとヘルペスにかかってるだけであとは元気だと思っていたのになあ・・・