ミジンコブログ

徒然を、不定期で。

遊戯王もデュエマも知らない母の作るバトルカードゲーム ついに完成

お待たせしました。
やっと作りました。バトルカードゲーム。
完成披露です。



いやー・・・
長かった。
毎晩、コツコツと。夜なべで編む手袋のようにコツコツと。
手袋ならまだしもなんでこんなことやってんだろうな・・・、
これなんかの役に立つのか?
たぶん教育にはほとんど寄与しないよな・・・とか思いながらも。
(そんなとき、@niftyデイリーポータルZ
 自作バーミヤンカードゲームの記事に大変勇気づけられました。
 そう、自分がやり遂げたいからやるのだ!
 この場を借りてありがとうございます。
 http://portal.nifty.com/2009/01/20/c/

 
そんな、母の作ったカードゲームは



・・・



これだ!




手でインクが剥げ落ちないよう、ちゃんとラミネート加工はしてあるぜ。


ゲームのシステムですが、最初、じゃんけんのように
「攻撃」「シールド」「補助」の
3すくみにしようと思っていたところ
『太陽』⇔『月』
『炎』⇔『氷』
といった対となる種類で作っていってしまったため
結局、「出したカードには必ず弱点カードが存在」
みたいな方向で行くことにしました。


最初にお互いライフポイントは2000所有し、
先攻後攻を決め、裏から表に返したカード(つまりランダム)で
攻撃をしかけ、相手のライフポイントを0にしたほうが勝ち。



たとえば『太陽』のカードで長男が攻撃を仕掛けると
600のダメージを次男に与えることができますが、
次男が場に『氷』のカードを出していると「水分補給」となり
ダメージが軽減・・・といった感じです。



ためしに少しやらせてみたところ、細かい部分にやはり
もう少し改正が必要な感じがしましたが、
これはこれでいけそうです。
あんまり難しくしても子供らわかんないだろうし。
これ以上カードの枚数作るの、しんどいし。


まあこれで「○○を召喚!」とか
「○○の攻撃を阻止!」とか
彼らの言いたそうなセリフを言えるんじゃああるまいか?
頑張ったよな・・・母ちゃん・・・