読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミジンコブログ

徒然を、不定期で。

祖母のお見舞いに行った。

祖母は96歳。 気丈な人だったが10年前くらいからアルツハイマーが進行し、今では誰のこともわからない。 長らく実娘である母がみていたが、やはりどうにもできなくなり、4年前から施設で暮らしている。施設に入った直後は脱走をはかり、ひとりでタクシーに乗…

親の信用を失くすとは、という反面教師

例の、私の姉だが、最近耳のたれたウサギを飼いだした。フェイスブックで新しい家族だと紹介していた。はあ?と。解せない。そもそもお金が無いから親に無心していたのではなかったか。それに、お金がないなかで敢えてペットを飼うほど動物好きだったか?私…

不毛の連鎖はいつまで続くのか

私には2人姉がいるが、一番上の姉というのが、本当に昔から問題児なのである。ちなみにいま46歳専業主婦。某新興宗教に15年くらい浸かっているヒステリー持ちだ。外面がいいため、知人友人は多いみたいだが浪費癖があり、かつては借金を繰り返していた。しか…

母とのコミュニケーションのとりづらさがだんだん苦痛になってきた。

以前から、母からくるメールは支離滅裂で愚痴と文句の長文であり、それに対応するのはストレスフルだった。それがここ1年、メールからLINEに移行して、長文が散文に変わったもののやはりストレスを感じている。何故ならば①こっちの送った文や画像に対しては…

ふっと思った。

ふっとね。なんだかんだいって、自分は、家庭をあまりかえりみない夫と付き合う才能があるんじゃないかと。…。何言ってだこいつ、って感じですが、夜中で変なテンションなのでお許しください。今度の10月末でね、我々夫婦は、14周年を迎えるんですよ。で、べ…

ありきたりな女

ようやく、ちゃんと聴いたんですよね。椎名林檎のアルバム「日出処」を。全曲買って。その中の曲、「ありきたりな女」なんですけど、最初MVで聴いたときはあんまりピンとこなかったんです。むしろちょっと反発の心があった。いやいやなんだよあんたありきた…

『母がしんどい』を読んで

田房永子さんの『母がしんどい』を読んだ。 読んでるとき、すんごいおなか痛くなったんですよ。 ――――――おかしいな、私は母に対してそこまでの思いは無いはず、 私の母はここまでぶっ飛んでなかったはず、そうなはず、みたいに なんかちょっと湧き上がった気…

高齢者たち

先日、母から電話があって、祖母についての(愚痴めいた)話を聞いた。 祖母は92歳で認知症なのだが、自分の名前住所はハッキリ言えるし 外面がよく一見、“シャンとしている”。 文句や被害妄想的な言動はすべて母に向く。 「こないだ、(私の次男)くんの発…