読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミジンコブログ

徒然を、不定期で。

【保護猫】保護活動が終了しました。

3匹はそれぞれ、ももちゃん、小麦ちゃん、さくらちゃんと名付けられ、新しいご家庭に旅立ちました。

物陰に隠れることもなく、堂々と遊び、ご飯を食べ、主さんのお布団で眠るそうです。

どの家も、惜しみなくネコッかわいがりしてくれそうでこちらも顔が緩みました。

あーよかった。

今日なんて雨降って寒いし、ほんと先週保護できてよかった!運がいいなあいつら!

f:id:tarako3016:20161028165830j:image

さくらちゃんとなった子。我が家での最後のショット。

 

先住猫たちの機嫌は今でこそ元に戻りましたが、やはり結構なストレスだったらしく、優しいモーモンさんはいつもなら絶対に行かなかったキャットタワー最上部のハンモックから降りてきませんでした。

f:id:tarako3016:20161028170110j:image

自分だってこないだまで子猫だったはずのピノまで「あたしは最初から大きかったの!」といわんばかりに子猫に威嚇してましたし…

f:id:tarako3016:20161028170402j:image

マーリンさんは、「ピノが威嚇するならあたしは納得よ」というかのように、ピノには優しくしていました。なにその結託。

 

私は、すべての子猫たちを引き渡した後、ケージを片づけていましたらどっとさびしさがこみあげてきました。仕方ないと割り切りながらも切ない気持ちです。

そういえば意外にも、夫がメロッメロになっていました。

「これ以上猫は絶対にだめ!」ときっぱり言っていた彼が、ちょっと早めに帰ってきたと思うと子猫部屋からなかなか出てこない。

のぞくと子猫たちを身体に乗せて猫じゃらしだおもちゃボールだと戯れてましたね…わかりやすいなあ…

子供たちは情がうつるし、先住猫に嫌われるのが辛いと、あまり子猫には構いませんでした。

 

なにはともあれ、本当に一安心です。

【保護猫】里親さん決まりそうです。

写真撮っていろんなところに「どなたか子猫を引き取ってもいいという方がいらっしゃったらお声をかけていただけますか?よろしくお願いします!」と回っていたら、さっそく2匹の譲渡先が決定しました。2件とも夫の勤務先の方です。猫飼育経験者のようで安心です!

f:id:tarako3016:20161021195212j:image

f:id:tarako3016:20161021195226j:image

決まった子たち。

 

残る1匹も、見たいというかたが近所にいらっしゃるみたいで、その方が良ければお会いして決定します。思った以上に早く決着がつきそうで本当によかった…

 

マーリンさんも少しずつ匂いに慣れてきたのか、わざわざ部屋に近づいてフーシャーする確率は下がってきています。でもやはり子猫はうちが飼わないほうがいいですね。彼女の性格上完全に歓迎モードにはならないでしょうから。

 

今はよりそって寝ています。

f:id:tarako3016:20161021200348j:image

f:id:tarako3016:20161021200400j:image

2匹に乗られて重くないか。

 

そうそう、この、3匹いっぺんに保護したというのも大きかったですね!

湯たんぽよりもこうしてよりそって寝るのがあったかいみたいで、だいたいこうしています。

 

幸せになるんだぞ。

【保護猫】病院連れて行きました。

子猫たちみんな、女の子でした。

9月20日ごろ生まれた生後1ヶ月だそうです。1匹だけ500g。あとの2匹が460g。

目ヤニがちょっとひどかったですが、深刻なものではないとのこと。軟膏目薬をつけつづければ1週間しないうちにキレイになるそうです。

ノミ、耳ダニ、寄生虫もなし!口唇口蓋裂もヘルニアもなく、下痢もしてない健康体です。

食欲も旺盛。ウェットもカリカリも上手に食べます。

f:id:tarako3016:20161020173523j:image

トイレはたまにまだそそうしますが、おおむね砂の上でしますし、人にも慣れてます。ラグドールみたいな洋猫柄。やはり捨て猫でしょうねとのこと。

 

捨て猫…

 

猫が比較的多くいる駐輪場に捨てることで、誰かに餌がもらえるだろうと思ったのか、どうせ誰かが拾ってくれるだろうと思ったのか。自分では責任を負いたくないけど徹底して残酷なこともできない、卑怯で弱い人間が浮かびます。

しかしよくこんなんを捨てられるなあ〜

f:id:tarako3016:20161020174926j:image

きっと美人姉妹になりますよ?

 

今日は会社の人に里親募集を猛アピールしてきました。最悪、我が家が引き取ることになるのは覚悟しておかなくてはなりませんが、すでにいる先住猫たちのことを考えると、やはりベストは子猫たちを一番にかわいがってくれる里親さんを別に探すことだと思っています。先住のマーリンさんなんて、会わせてないのにニオイだけで勘付いて、フーフーシャーシャーですから…末っ子のピノにやつあたりしてしまっています。低い唸り声とかウーウー出して超怖いこの方。

f:id:tarako3016:20161020175315j:image

 美人さんなんですけど、キツイ系っていうか、ツンデレヤンデレ。猫パンチが重い。

モーモンさんはあいかわらず優しいです。

 

そんなわけで、目薬治療しつつ、里親さんを探します。いいご縁がありますように。

子猫を保護しました。

今朝、会社に行く途中、駅前の駐輪場に子猫たちがいたんですね。

見た目生後1ヶ月〜2ヶ月くらいかと思います。60代くらいの男性が猫じゃらし(エノコログサ)持ってかまってらしたのでまあ大丈夫かな、と、微笑ましく見ながらそのときは通り過ぎたのですが、夕方、会社帰りにも同じところにいまして。自販機のそばに一匹、下に一匹、裏に一匹。ちっさいわ目ヤニだらけだわ。もう、わわわ、ってなりましたね。

おそらく朝のおじさんが置いたんでしょう、魚肉ソーセージのちぎったやつがそばにあったんですけど、全然食べてる様子もなく。まあー善意なのは、わかるんですけどね…人間の魚肉ソーセージはちょっとね…

朝からこうということは、母猫が面倒見てるわけでもなさそう。てことは水分取れてない?いまはあったかいけど夜は??これからの季節は…?

と考えたら、よし、保護だ…ッ保護しよう!っとなり、そんなわけで、連れ帰りました。

一匹捕まえて自転車前かごに入れた私のバッグに、カーディガンを詰めてからイン。もう一匹を自販機の下に手を入れて取り出し、バッグにイン。裏に回ってもう一匹…うわ自販機の下に隠れちゃった。だいじょぶだよ〜おばちゃんだいじょぶなひとだよ〜とかやってたらバッグの一匹が逃走。あわわわ

とかなんとかやりながらなんとか三匹バッグに入れて、そっと押さえながら急いで帰りました。

家に帰るやいなや、先住猫たちにバレないよう速攻和室に入り戸を閉め、子猫たちをダンボールに入れ替えます。カーディガンを被せて、子猫たちが「??」となってるうちにすばやくケージを組み立てました。古いタオル、古い椅子カバーも入れて。

子猫をケージに入れたら、近くのドラッグストアまで子猫用の食事を買いに行きました。家にあるのは、成猫用のしかないので。

お皿に猫用ミルクを入れてケージに置くと、三匹いっせいにペロペロピチャピチャしてました。そしてしばし三匹かたまってスヤスヤ。湯たんぽをケージに入れました。

f:id:tarako3016:20161018234022j:image

で、起きたところに子猫用レトルトパウチをお皿に出すと、やはり我先に競うように食べました。教えずとも猫砂に用もしてるし、お利口さんたちです。

 

今日はどっちみち病院休みで行けませんでしたが、近く、この子達を連れて行こうと思います。今後の課題はたくさんありますが、とにかく、命優先で。

いろいろ書きたいことはあるんですけどとりいそぎひとつだけ。

co-opのミックスキャロット、パッケージコンテストの結果でました。

 

私、佳作でした。

 

f:id:tarako3016:20160912194206j:image

 

今年もパッケージを…ッ

飾ることができませんでした…ッ

うぉぉーっ

 

パッケージ飾りたい野望が出すぎていたのではないか、という夫からの評価でした。

だって、本気だもの。

いつだって本気だもの!

 

ちなみに、長男14歳の作品はこちら。

f:id:tarako3016:20160912194539j:image

うまいんだよなあ…私この絞られてる感じ好きなんだけど。親の欲目かね。

 

さらに夫作品はこちら。

f:id:tarako3016:20160912194641j:image

素朴ながらニンジンすぱっとしてるしちょっとこわいんちゃう。

 

というわけで、私の、ミッキャロのパッケージ飾りたい野望はまたも残念な結果になりました。

次回のコンテストに期待します!

親戚づきあいが苦手だと未だにわかってもらえない。

あ、この話ね、私が今後一切親戚づきあいをしたくない!という話ではないんですよ。

むしろ夫側の親戚の1年に1〜2度の集まりくらいは仕方ない、と私は新年や盆、冠婚葬祭は真面目に参加し続けてきているんです。結婚して15年になりますけど。

でもまあ、未だに得意ではないんですよね。夫から「参加して当然」と思われるのは本意ではないんです。

 

今年、夫の親戚(立場としては夫の伯母)が「花火大会のチケットとるけどくる?」といってくれて、子供達も行きたいというので「じゃあお願いします」と言いました。

私の中では、「チケットを代わりに買ってきてもらえるけど、お金は後で払うし見る時は別々」だと思っていたんですね。それが大きな勘違いでした。

夫の伯母の中では「じゃあ親戚みんなで宴会!パーティ!ワイワイ楽しむ!」みたいな感じだったらしいんです。後日電話で「こっちはおにぎり用意するし、○○んとこ(夫のいとこ夫婦)にはチキン頼んだから、あなたのところは飲み物担当ね!カルピス500ml5本と、コーラ500ml5本、お茶ペットボトル2Lが2本と、りんごジュース1Lね!あとノンアルコールビール?うちがお酒は用意するけど!あと枝豆〜、冷凍の2袋分くらい、あとイカ天のおせんべいみたいのがあるんだけど、それ買ってきてくれる?開演は7時だけど5時に集合ね!でー、終わったらー、すぐ帰るとなるとすごい混んでると思うのね?だから、うちでみんなお風呂入って行きなさい!ね!」と矢継ぎ早に言われました。

 

もうね、この時点ですごいめんどくさい。

 

飲み物と枝豆は了解しました、お酒は私は夫にあまり飲ませたくないのでうちは買っていかないし飲みません、と、またイカ天のおせんべい?はモノがわからないのでその通りのものが買ってこれるかは自信がない、また、花火大会が終了するちょっと前にはもうおいとまするつもりなのでお風呂は遠慮しますと答えるのが精一杯でした。

 

お酒を夫に飲ませたくないのは、主に運転者であるというのが一番の理由ですが、私が代わりに運転することも可能っちゃ可能です。しかし、地元民でない私では土地勘がないし(何度も迷っている)、鳥目ゆえに、なるべく夜間の運転はしたくないのです。夜の国道16号とかすごいよ?みんなビュンビュンだよ!

またお酒の超強い伯父とその息子にのせられてグビグビ飲んでしまった挙句、ベロンベロンになって前後不覚になり、運転する私に暴言を吐いたり、車からゲエゲエ吐いたり、家に戻ってきてもそのまま何も家のことをすることもなくただひたすら寝て過ごしてしまう夫を何度も見ているので、嫌なのです。その話をすると、夫は「たった1〜2度のことでしょ」とむくれますが、1〜2度ではないんです。でもその時の記憶がないために通じません。飲ませたくない、と妻から言われるだけのことをしたんです。反省しろということも何度も言っているんですがね。

 

人のうちでお風呂というのも嫌です。花火大会が終わるのは9時過ぎ。そこから人混みにまみれながら親戚のうちについて、たくさんの親戚が順番にお風呂に入っていったら、小さい子供同士はまとめて入るにしたってどれくらい時間かかるんでしょう。私が入る頃には風呂の中はどんなんなってるんでしょうね・・・またその頃にまた夫がグースカいびきをかいて寝ちゃってるとも限らないし、そうなったら「もう泊まって行きなさいよ!」とか言われてこれまた慣れないパジャマ着せられたり慣れない布団に大勢で寝かされたりするに違いないのです。

多分、伯母の性格上、深いことはほぼ考えていないと思います。別に悪意もないし悪気もない。「みんなでワイワイするのが楽しいと思ったから〜」というのが彼女の性格であることは私もよく知っています。そして、それが私と最も性格が合わないところなんです。一人でゆっくりしたいわ、という人の気持ちを、全く理解しないというかね。

 

電話を切り、「めんどうなことになった。まあ風呂は断ったけど」とため息をつく私に、夫はしれっと言い放ちました。「まあまあ。今さらキャンセルはできないんだし。年に何度もないんだからハイハイ言ってればいいじゃん」

 

はあ、そうですか、と。

 

そうかもしれませんが、お前が言うな、と私がカチンとくるのは、おかしいことでしょうか。だいたい、なぜあんたがいるのに、あんた側の親戚からの電話を代わらないのか。
こういう、気持ちのすれ違いが生じたとき、察してちゃんは困るらしいというので、私もなるべく言語化するようにしているんです。

「こういう時のめんどうくさい、というのは、だからやめたい、というのではない。私だって約束を反故するつもりはない。愚痴なんだよ。だから我慢すればいいじゃんとかいうのは間違いで、私はただ、『大変だったね。次は電話代わるね』と言ってもらいたいんだけど?」と言いました。

 

夫は「?」という顔をしています。

「集まりが嫌なのはわかるけど、キャンセルできないんだし、こういうもんだと思って乗り切るしかないじゃん?」

私は言い返します。

「それがまるきり私の気持ちを無視した発言なのはわかるかな。私の性格上大勢でワイワイとやるのは苦手である。でもやってもらわないとならない、そういう局面になった時、あなたは一方的に私に『我慢しろー我慢しろー』というだけだけど、じゃああなたの本心はどうであれ、『ああ、大変だよね。あの人強引だしこっちの話聞かないしなあ、でも、俺もなるべく出来ることはやるね。嫌なら連絡代わるし』と私に返したほうが、夫婦円満にコトが進むと思わないか。っていうかそれが私の考える正解であり、そこはどうしてもできないことなのかそれはあんたのプライドの問題なのか?よくちゃんと言葉で説明してもらわないとわからないとかいう話を聞くから説明するけど、だいたいわかってもらえないから結構キレ気味に言うよ?で き な い のか?(段々声大きめにしていく)」

感情的な私の様子に、夫もようやく、「あ、そんなに嫌なことなの‥…か?」というのがうっすらわかったらしいです。「でも、そんなに嫌なことかなあ」とかまだ言っていました。別に花火に行くこと自体そんなに嫌なことじゃないんだよ。そういう、「言われないとわからないし言われてもわかんない」みたいな、歩み寄りが一切ない態度にだんだんキレてきてんだろうが。なんなんだ本当に。

だいたい、いつもテンションの低い私が理論的に説明するのでは、「それがどんだけ嫌なことなのか」が伝わらないことがあります。ネットでは感情的な女はよく叩かれますが、本当に伝わらない、のです。地味目な女というのは。一度キレてみせないと。

挙げ句の果てには夫はこう言いました。

「俺社畜だし(←自分で言った)、今まで勤めてきた会社ほぼ全部ブラックだし、親戚も昔からこうだし、理不尽だと思うことは何度もあったけど、大抵のことは『こんなもんだろ』『たいしたことじゃないだろ』で済ませてきたから、人のことに関しても、だいたいそんなにたいしたことがないと思っちゃうというか。だから今の話でも、tarakoの仕事の話でも、そんなふうに突き放した言い方になっちゃうんだけど」

 

うん、だから本心から共感しろとか同情しろとか言われたとしてもしにくいんだろ?それはわかってるけど、じゃあそのままの態度で円満なコミュニケーションてとれるか?喧嘩したいなら別だよ?でも喧嘩したくはないんだよね。穏便に済ませたいわけだよね。相手が嫌だと言っていたら、なるべく改善していこうとするのが、人間関係を円滑にしていくってことじゃないのか?俺がこう思うんだからこうなんだお前もそう思えばいいのに、だけじゃダメだろう。自分の気持ちだけが優先か?時に自分はそう思ってなくても「そうか、大変だね」って相手の気持ちに寄り添うのは、そんなに難しいのか?「言ったら負け」になっちゃうのか?私には逆にそれがわからんね。

 

例えば親戚づきあいだけとっても、「妻が来るのは当然」て態度ではなくて、「苦手だろうけどまた頼むねごめんね」って態度だったり、「お酒飲んじゃうと運転できないし、いったんベロベロになったらtarakoにも子供にも迷惑かけちゃうから飲まないね。2時間くらいでキリのいい頃見計らって帰ろう」とか、親戚同士地元民同士の中だけの内輪話や噂話とかばっかりしてないで「この話の〇〇っていうのは〇〇のことで、こういうことなんだよ」とかのフォローがあったら別にそこまで居心地悪いとも思わない。ただただいつも「来るのは当然だろ。めったにないんだから我慢しろよ」というのみ。私の性格とかはまるきり無視で、「もっと自分から話しかければいいのに」とか「ずっと座りこんでないで台所の方の手伝いでもしたら?」とかまるで合わないことを言うばかり。そして自分は酒飲むからそういう暴言も覚えてない。下手すると寝転がっていびきをかく。私の方の実家付き合いにはほぼ参加しないのに。これでどう、「親戚づきあいに慣れろ」って言うんだろう。

 

なんか、こうまで説明してもわかってもらえないなら、もうほんと、親戚づきあいとかの話になった時に「一人で行ってきて(ニッコリ)」って言った方がいいのかもしれない。私のわがままとかなんとか言われるだろうけど、15年も私の方は参加してきたのだし、歩み寄りがほとんどない夫に合わせる必要なんてあるのだろうか。このエントリを改めて夫に読ませて反応を見ようと思う。

自分の会社はすごい、と考える経営者の会社のヤバさ

先月、長らく職場を離れていた先輩パートさんが産休育休から復活する話を聞いて動揺した私だったが、そのとき感じた不安がやはり的中した。

その先輩パートさんは自分からうちの会社への復帰を強く望んだかのように見えたが、実態としては社長が熱心に声かけして、それに応じた形だったようだ。

だから、もし復帰するなら早くとも子供の夏休みが終わる9月以降から、という気持ちが彼女にはあった。優秀な彼女のことだから、見つけようと思えば他の仕事はあるだろう。だが、子供は小さいし、新しく見つける苦労よりは慣れていて家からも近いし、比較的休みやすいし、それに声かけしてもらったしというんでここを選んだに過ぎないのだ。

いっぽう社長は「彼女のほうがここに、この会社に!復帰をしたいと望んでるんだ(何故ならうちの会社は彼女を重宝したし、きっと彼女もうちを特別に思っているに違いない)」と考えているフシがあり、遅くとも8月、早くて今月からちょくちょく出社させ、どんどん新しい業務をやってもらうつもりでいたらしい。その浮かれっぷりは社長の話口調でよくわかった。

しかしちょくちょく出社と簡単に言うが、現実に小さな子供を抱えているとそうはいかない。小さな子供の預け先を確保しないといけないし、突然具合が悪くなることなんて往々にしてある。だが社長の口から「もし〜だったら」という言葉が今まで出てきたことがない。そこ、考えたことがないのか、考えたくないのかいまだにわからないんだけど。まあ、自分が1人で子供の面倒を見たことがないんだろうな。

 

どこまでも仕事にポジティブな経営者と、一般的な子持ちパート主婦の齟齬。

 

結局半ば無理矢理に今週来させる予定だったようだが、お子さんが突発性発疹との連絡が入り、その話はナシになった。私はそのとき、社長の「チッ」と舌打ちする音を聞いた。「あー無しだ無し!」と乱暴に吐き捨てていたのも聞いた。

 

うわ。舌打ちしたよこの人。自分がお願いしてきてもらうことになった人に対して。しかも他のパートいるのにそうやって態度あらわにするか?ふつう…

 

4月から正社員になったシステム開発の女性社員(普段別の事業所にいる)を呼んで、その先輩パートさんと、私とで今後の打ち合わせなどをしたかったらしい。先輩パートさんが来ないのを受けて、その女性社員も来ないことになった。「業務の内容は電話で伝えるから」と別の事業所の男性社員から言われた。え…私1人だったら仕事の打ち合わせも電話でいいんだ…その軽んじられぶりにちょっとショックを受ける。

 

というか、会社のメールのやり取りで、また新しく勤める予定のパートさんと時給の金額のやり取りをしていて(会社のメアドにccされてて筒抜け)、それにもショックを受けている。

そのパートさんはブランクがあるからと控えめな金額を言っていたが、強く希望すれば私よりゆうに高い時給も選べるような内容のメールを社員から送られていたのだ。

3年近く勤めて、ホントにいろいろな業務やらされて、いろんなことに通じるようになって、結構無茶なこと言われてもおとなしく応じてきて、それなのに新しいひとのほうが時給高いとかなったら、もうやる気無くすわ。そういうことを筒抜けにする神経もわからん。なんかもうサイコパスっぽくない?この会社…