読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミジンコブログ

徒然を、不定期で。

今年もPTA決めの季節がやってきました

うちのほうは例年3月には決めてしまうので、4月になってからどうしようとかやりたくないとかいろいろ言ってる人は小学校でも中学校でもだいたい1年生の親御さんです。

 

私は今年度小学校ではまたも広報部になりました。たぶん自宅での広報誌PC編集作業になるかと思われます。

ただ、編集班はワードでやりますとかプリントにうっすら書いてあったのが不安。ワードかー。Wordねー…まあWordやパワポでも作れなくもないし、それ自体が悪いわけじゃないんですけど、編集ソフト?ワードしかわからん、みたいな人が編集長側なのかな、だとすると厄介だなあという不安です。

 

昨年度、頼まれて中学校のほうでも広報誌を作る部になったのですが、このときの部長がもうほぼPCがわからない感じの方でした。

「自宅でやれるならやっときますがどういうふうな入稿ファイル形式でしょう。PDFですか?」「写真やデータの受け渡しはどういうやり方でやります?USBかHDD…あるいはクラウド?」って話を進めようとしてももう全然だめ。「? すごいですね〜、私全然わからないから…」でことごとく却下されました。

結局、スマホコンデジでとった写真をSDカードに入れて、平日午前中にみんなで学校集まって、みんなでワードいじって学びながら作りましょう、とかいうの。

平日午前中は行けないんで申し訳ないですが欠席します、やれることあったら自宅でやりますから言ってくださいね、って言っても、私に作業をまわすことはなかったので、一年ほぼ何もできず気まずい思いをしました。

ようは、中学校でのPTAってまだまだ「成果うんぬんより集まっておしゃべりできるお母さんたち」の独壇場でした。だったらなんでわざわざ私に電話かけてきて役員やれって言ったんだよって思いましたね。

小学校はまだ分業化が進んでいるし、自宅作業対策がとれているのでマシですが、トップが変わってPCわからない人になれば結局逆戻りするかもしれません。そういう危うさは秘めています。

 

っていうかそもそも広報誌って…いる?PTAって、いる?みたいな疑問を持ってしまうとよくない気分になるので、そこはスルーします。わかるけど、そこ言いたくなるのわかるけど!じゃあ自分が変えるとなるとほんとに、ほんとに大変です。ああ変えてやんよ!全てを敵に回しても!という情熱と覚悟がもしおありなら、やってみるのもいいかと思います。ただ、言われたとおりに役員をやる時間と手間よりコストかかるってことは言っておきます。なんでか?「PTAぜひやりたい」「なんでこれやらないの?」「あつまるのたーのしー!」って言うやつがどこにでもいて、そういうやつの声がでかくて、そういうやつの気持ちを変えることがほぼ不可能だからです。

私は無理です。家庭と、パートだけでもう毎日せいいっぱいです。ごめんなさい。私は長男と次男合わせて10年以上小・中学生の親をやっていながら、何も変えられませんでした。

私ができるのは、小・中学生の親として吉良吉影のようにただひたすら静かに学校生活を送るためのアドバイスに過ぎません。

それは、「出来うることならお手伝いしますよ。お手伝いする意志はちゃんとありますよ」というところは見せる。でも出来ないときは「ごめんなさい」と言ってすっぱり諦めるしかありません。

 

時代は今や共働きが当たり前。保護者に手伝いを求めるのは最小限にしていかなければこんな組織は立ち行かなくなるでしょうね。でもごめんなさい。私は「自分が潰す」という責任を負えなかったから、何も偉そうなことは言えないのです。

仮面ライダーゴーストRE:BIRTH 仮面ライダースペクター 舞台挨拶つき上映会行ってきた。

東映ファンクラブ優先の抽選チケットが当たってしまった。やったー。

自分の住んでるとこから渋谷TOEIまでおよそ2時間半…遠かったんですが行こうと思いました。

 

私が座った席はB列で、前から2番目。

スクリーンを見上げる感じで、ちょっと首が痛かったです。

内容は深海マコトにまつわる、本編で明かされなかったあれこれや、眼魔の世界のその後。仮面ライダーゴーストを一年見てきた身には驚き、興奮、満足の内容でした。正直、本編より面白かったんじゃないかなあ…と思えるほどすごく良かったです。

f:id:tarako3016:20170329111643j:image

これは上映前撮ってもいいですよと言われたパネル。

 

その後舞台挨拶でプロデューサーさん、監督さん、山本涼介さん、スーアクの渡辺淳さんが出てきました。渡辺淳さん出てくると思わなかったので感激!腕の筋肉のスジすごかった…!

山本さんはすらっと背が高くて細くて、何より顔がすっごく小さかったので「ほわぁ…すげー」ってなりましたね。生のマコト兄ちゃん…

撮影のもろもろのお話を楽しく拝聴しました。この時はほんともう登壇者間近だったのでB列やばい最高じゃん、て感じでした。

 

ふー、楽しかった。

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦見に行きました。

なるべくネタバレしないようにしますが個人の感想です。

これまでの全てのライダー映画、MOVIE大戦は視聴済の私と小中学生の息子たち、3人で初日初回行ってまいりました。

DVDつきパンフも買ってスタンバイ。トイレに行きたくなっちゃうから飲み物買わず。我々は準備万端でした。しかし。

 

なんかねー…

 

見てる最中ヒシヒシとデジャブを感じたんです。

ざわざわ、椅子ガタガタする他所の小さな子供たち。

覚えのある空気感なんですよ…

あの、2006年の、夏のヒーロー映画。ボウケンジャーの後にやった、あれ。

 

劇場版仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE

 

夏だ!夏休みだ!かっこいいヒーロー映画だ!

とワクワクドキドキ劇場に足を運んだら、まさかの湿っぽさを長々と食らって戸惑い、爽快で派手な戦闘シーンはまだなの、え、まだ続くのこの感じ??もう涙とかいーよ…とざわざわ周りの子供たちがざわついていたあの時の映画館。

 

あの空気すごい思い出した。

子供にとっちゃ春休みの、ヒーローごっちゃまぜの、お祭り映画だと思うんです。なんでバグスターウィルス感染患者じゃないのにCRが担当すんだ?とかそういう細かいとこは目をつぶるにしても、もうちょっとテンポよくして欲しかったし、湿っぽい部分が長すぎた気がしたなあ。だから肝心の歴代のヒーロー登場がとってつけた感じだった気がする。

脚本が同じ米村さんなのは偶然なんだろうか…

 

主人公としては表紙のエグゼイド&シシレッドというよりブレイブで、ヒロインはジュウオウタイガーのアムでした。シシレッドにいたっては現・戦隊のセンターメンバーなのにすっごいサバサバした扱い。彼よりナーガを重視してましたね。

そして最も大人なキャラがポッピーピポパポ。いやーしかし松田るかさんはすごいね。ピンク色の髪の毛がまったく違和感ないし、ポッピーと普段とで声とかガラッと変わるし。

 

また私や息子たちにとって、今回一番引っかかったゾルダの存在。

結局、なぜ北岡なんだ、北岡じゃないといけなかったのか、というのが見終わってもよくわからなかったという…あのメンバーにゾルダ混じってる絵面がすごい面白かったけど。

龍騎の大ファンの次男からすると、ファイナルベントないのが非常に不満だったそう。だよね…ゾルダって言ったらマグナギガだよね…。

 

ゴライダーはビデオパスで無料ぶんの一話も見たけど、まだどうともいえなくて戸惑ってる。続きが見たいけどauじゃないと見れないなんて辛すぎる。

 

そんなわけで、我々としてはいまひとつ満足できなかった今回の映画ですが、パンフレットとメイキングDVDをこれから楽しもうと思います。

 

2年前くらいに作ったLPの酷さに震えた話

社長から、「こんな感じのを(スケッチブックに判読しづらい文字のラフ)!とにかく派手に!よろしく!え?LP作ったことない?だいじょぶだいじょぶtarakoさんならすぐできちゃうから。じゃ、なるべく早くお願いね」

 

と命じられ、当時の私がアウアウ言いながら作ったランディングページがあった。webデザインの右も左もわからないのにだ。もちろん、通常業務の片手間で作られたため、別に特別手当などない。

そして一年くらい前、「うちの会社を勝手に載せないでくれ」とのクレームが入った。「使用者の声」的なものとして社員が選んできた感想文と画像だ。もちろん社員は許可を得てないので、「すいませんすぐ消します」と私にそのLPを消させた。

 

そして今になって、別の社員から連絡が入った。

「あのLP作ったのtarakoさん?ファイル残ってる?」

どうやら、そのLPはうちの会社のホームページからリンクされており、リンク切れになってることに(今さら)気づいた社長がおかんむりなんだそうだ。

社員と社長に確認すると、その感想文を消して再アップしてほしいという。

 

しかし。

 

アップ自体はできるが、私の作ったものには入力フォームが無い。当時の私には(まあ今も大して変わらんけど)PHPの知識が全くなく、フォームについては当時いたプログラマーさんにお願いしていたのだ。そのプログラマーさん、去年逃げるようにやめちゃったね…。彼の名前が書かれたスリッパ、いま社長とかが表でタバコ吸うときの外履きになってる。

で、なんとか頑張ってフォームを表示させることはできたんだけど、チェックボックスとかぜんぜん繋がってない。というかこのページ自体のHTMLが全体的にひどくて、CSSの概念もなく、bgcolorだのalignだのtableだのまるでホムッパゲ時代のようなコードだった。頭を抱えて逃げ出したい。できるなら、か、書き直したい…。しかしそんな時間はない…

 

よーし。

 

放置しよ。

 

以前の私ならそのまま悩んだかもしれない。

しかし、時給が900円と上がらないまま3年経過し、病んでしまったパート仲間が出たりした今となっては、私も図太くならざるを得ない。

 

時間になったら、帰るのだ。

人ひとりがこわれていくということ。

もうすぐ入って一年になるパートの人がここのところ、様子がおかしくなっている。

あからさまに「ん?」と思うようになったのは年明けくらいからだ。業務上同じことを何度も質問しているというか、質問して返ってきた答えに「納得」しようとしてない。「でもこう言われたらどうしなきゃならないんですか」「こういう場合はどうすればいいんですか」と食い下がる。そのわりにメモはとらない。

確かに、この会社は臨機応変にやらなきゃならないことが多くて「絶対こう」という正解はない。ケーススタディを繰り返して、なんとなく自分でこうするのがいいかなーというのを出していくしかない。それはどこの会社でも多かれ少なかれあると思うが、そのパートの人の場合、いささか正解を出すことに固執しすぎな気はした。

そうして絡んだ相手の時間をとっている、という意識があまりないのが、また周りの人をちょっとずつイラっとさせているのをだんだん感じていた。次第に一番パート歴の長い人からは「いろんな人に聞かないではじめから社員の人に聞いてね」と突き放すように言われるようになっていた。社員の人たちさえも結構けむたそうにしていた。それでも、ここがわからないあれはどうすればいいと聞くのはあまり変わらなかった。

 

つぎにラインだ。いろんなパートの人に質問というか長文メッセージを送っていたのがわかった。私もそのうちの1人だ。

ラインを教えてしばらくは、なんてことない仕事の愚痴、社員への不満とかだったが、次第に「言われていることが頭に入らない」とかになり「自分は嫌がらせされているのでは」という内容になっていった。もちろん、嫌がらせとかそんな事実はない。ただ、「そんなことはないですよ」「無理しないで気楽にやりましょう」と言っても、もはや会話のキャッチボールができている感じではなかったので、私もシンプルに返すようにはしていた。失礼のないように気は使って、答えられるところは答える、そんな感じで。

すると社長から、「あの人のラインには返さなくていい。夕方勤務の人にも勤務中に送ってきたり電話かけてきたりちょっとおかしなことになってきてる」と言われた。

しかしいきなり既読もつけず無視、というのは不自然すぎてなんとも気の毒な対応で、私には出来ないなと思った。

 最近きたものには、ラインに入ってくる広告が自分の悩みのものなので、盗聴とかストーカーをされてるかもしれないというものだった。これはもう、本格的におかしくなってるなと言わざるを得ない。しばらく休みたいと言っていたのでゆっくり休んでください、と返した。

 

私自身も業務で「適当に(でもちゃんと)自分でいいように(でも勝手なことはしないで)やってください」的な指示は本当に嫌いだし、やめてもらいたいと思うが、この会社に3年いて、さすがに慣れてしまったというか、動じなくなった。この会社への期待を一切やめてしまっているからだ。社長や社員に100%で応えてやらなくても、どうせ見ていないことがわかったからだ。彼らは表面的に業務が終えられていれば質や中身はどうでもいい。しかしこのパートの人はきっと、“口だけは意識の高い”ことをいう社長や社員に対して、自分のせいいっぱいで応えてしまったのだろう。途中で投げ出したり逆ギレしたりできる人であればまだ違ったかもしれないが、存在しないであろう「正解」を求めてしまった。結果が表題だ。

私は確実に社長や社員に責任があると思う。この人が適当にやれない性格なのがわかった時点で、件数件数と数字で追い詰めるのをやめ(そもそも求人チラシにノルマがないなどと嘘を表記してる時点でアレ)、時給を上げるわけでもないパートに高い期待を寄せる発言などは控え、難しい対応は社員でするからと引き取り、やりづらい仕事をさせていつもすまないね、ありがとうと気を遣ってあげればよかったのだ。もしくは、そこまでイチパートに気を回してやれないというなら、さっとやめさせてあげるのも役割だと思う。

誰でもできる仕事ですよ、親切に教えるから未経験でも大丈夫ですよと呼んでおいてろくに研修も指導もせず自力で技能を上げてくれることを期待するんだもんな。

これで変わらなければ本当にこの会社終わるね。

女らしくないと人を評価することについて。

会社でインテリアとか化粧とか服飾の話題になったとき、「興味ないです」と言ったところ、女らしくないとかなんとか言われました。

 

前の弁当屋でも女らしくないとか主婦らしくないとかさんざん言われたけどまたかよ、っておもいましたね。

 

部屋を飾ること、別に全く興味ないというわけではないんですが、仮面ライダーのフィギュアを飾ったり、聖闘士聖衣神話大事にしたり、キラーパンサーやキラーマシーンのぬいぐるみを置いたりするのが好きなだけで、インテリアの会話っていうのはいわゆる北欧系とかシャービック風とかモダンとかそーゆーのが求められてるんだろうなと思うから乗らないだけです。服だってユニクロとかマックハウスでいいじゃない、と思っているし他人とかぶってるとかほんとどうでもいい。化粧も最低限で汚くしてなきゃいいだろ。

 

なんで、それが、女らしいとかそうじゃないとかってことになるの?女らしくないならなんなの?

 

私なんて、家でケーキとかしょっちゅう作るよ?その一点だけでも相当家庭的で女らしいなとか自分でおもうんだけど、会社の人にとってはそれだけでは単なる一要素でしかないらしい。

料理は当たり前に作り、家事も普通にこなした上で、さらにインテリアとか美容とか服にも気を使うのが「女」なんだね。

かといって別に私を「男」として扱うわけでもないじゃん。仕事ガンガン気軽に寄越すくせに時給やっすく雇える主婦パートだっていうように「そういうとこだけ」都合よく見る。

 

そういう人って、自分が「〇〇らしくない」って言われてもいいと思ってるのか、はたまた自分だけは他人から評価されないと思ってるのか。謎。

次男がインフルエンザ、水ぼうそうと立て続けにかかる。

次男の様子がちょっとおかしい?となったのが19日のことでした。なんだか疲れやすかったのです。

でも昼間から夕方の時点ではまだ元気で、ゲームなんかもやれていました。

夜になってお風呂にも入ってしまった後から「なんか俺熱あるかも」と言い出しました。測ると39度。

 

うわ、高い。

 

この日は寝かせ、翌日20日朝病院に連れていきましたらインフルエンザB型判定が出ました。

周囲にはA型で学級閉鎖、みたいな話はチラホラ出ていましたが、B型はそこの病院の小児科で今年はじめてだったようです。学校に連絡するとやはりはじめてと言われました。

 

なんでだ…どこにも連れてってないのに。

 

5日間は学校を休まなければならず、リレンザを飲んだ子供を1人にしたくないので、必然私も休みますと会社に電話しました。

21日は夫が休みだったので彼に家を任せ仕事に出、22日は定休日だからいいとして、その後木、金と結構たくさん休んでしまうな…どうしようという感じでした。

まあ会社の人としても休むなとは流石に言えないでしょうけど、私と同業務をしているパートさんは小さいお子さんがいる関係で残業はできませんし、業務に障りが出るのは明らかです。たぶんいい気持ちはしてないと思います。

 

次男の熱はリレンザを飲ませたことでじき下がりましたが、22日の夜辺りから身体の痒みを強く訴えるように。見ると全身に発疹が出ていました。

そのときはえぇ??リレンザの副作用?ウイルスの中毒症??なんていろいろ考えました。でも次男は去年もインフルエンザB型にかかって、同じリレンザを飲んでなんともなかったので薬疹ではなさそう…

24日、再び病院に行くと「あー、水ぼうそうだね。悪いものって通常同時には来ないんだけど…頭にもブツブツあるしこれは確定だね。これじゃ治癒証明はまだ出せないね〜…」と診断されました。

水ぼうそうの潜伏期間はインフルエンザより長いので、先にこっちにかかり、その潜伏期間の中で抵抗力が弱まってインフルエンザに…といった流れのようです。

さらに処方せんにあるゾビラックスの在庫が近場の薬局にことごとくなく、歩きまわりました。

 

もう自分がぐったりしました…。

 

次男は身体はかゆそうですがインフルエンザは治癒したので気分的には元気な様子。食欲もあり、鼻水も咳もありません。

 

ただ学校には行けない。これがつらい…

 

会社にも次男の学校にも連絡しました。

そしたら会社からは金、土と自宅での業務を命じられました。

 

この期間、なぜか洗濯機も壊れて修理を呼んで脱衣所の片付けやら掃除やらも立て込んでいたので、もうほんと怒涛の1週間でした。

私にも夫にも長男にも病気がうつることがなかった、というのが唯一救いでしょうか。