ミジンコブログ

アラフォー 子2人 猫 仕事

【保護猫】里親様決定しました。

f:id:tarako3016:20171211204329j:image

ペットのおうち経由でお申し込みがあり、きちんとメッセージのやりとりをしてくださる方でしたので、夫と2人車に乗って彼を連れ、お宅に引き渡しをしてまいりました。

 

保護してから3ヶ月強。

いろんなことがありましたが…あきらめないでよかった、とおもいます。

幸せになってほしいとおもいます。

 

いまは、彼のいなくなった和室を見てちょっとさみしくなっています。

でも、うちには3匹がいますから、またかつての日々がすぐ帰ってくるでしょう…

 

元気でね。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー観てきた。

f:id:tarako3016:20171209182124j:image

 

初日初回息子たちと行ってきました。

もうほんと最高でした。

エグゼイド最終回に撒かれた不信感がずっとあって、今も心からビルドを信じられてないんですけど、そうきたか!って。ちゃんと伏線として消化してくれたか!って。

 

またね、レジェンドライダーの扱い。ほんと良かった。もうね、オーズパートで涙を止められなかったです私。

 

オーケンも良かったです。

円盤でたら買います。

これは何度も見たいライダー映画です!

ついに辞めると言ってきた。

11月最終日、ほぼ同業務をしているパートさんが具合が悪くて休むという連絡をLINEしてきて、同じく具合が悪かった私も休もうと思った。だって、片方が休んだ分の業務はもう片方が背負うそんな会社だもの。電話業務の人は何人かいるけど、PC業務は私ともう1人しかいない。具合が悪い中どっと寄せられる山ほどの業務に耐えられないと思った。

 

しかし、2日続けて休むわけにもいかないな、と思った次の日12月始め。もう1人のパートさんはやはり具合がよくならず行けない、というLINEがきた。まじかよ。つまり、休んだ分+今日×2人ぶんの業務が私1人にのしかかってくる。加えて月初めは請求書を(紙で←IT企業)発行しなければならない。どんどん売り上げは減っているとはいえ100くらいは印刷しないといけない。その間溜まったルーチンワークと、ユーザー対応と、曜日ごとの業務を並行してやっていく。他社からのメールでの依頼も溜まっている。もちろん社員は代わりに対応してない。社長と社員は全員会議だと言って別室に移動する。社員が部屋にいなくなると電話業務の人たちがサボりだし、悪口を言いだす。わかる、文句言いたくなるのはわかるけど私それにつきあってたら業務終わらないんだ!すまない!目と手はPCから離せないが口では「ほんとですよねー。この会社おかしい」と話を合わす。時折社長が帰ってきて「tarakoさん悪いんだけどこの画面スクショとって」とか全然違うくっだらないことを依頼してくる。「あと先月の勤務表と、これ新しい雇用契約書だから。一番後ろにサインだけして貰えばいいから」

もう、契約書をちゃんと読めとも言われない。

中を開く。やはり時給は変わっていない。

「すみません。このことでちょっとお話が」

私は言って、ようやく来年春から派遣で働くこと、ここを辞めたいことを告げた。

社長はこともなげに「そっか。仕方ないね。わかった」と言った。普段から「tarakoさんの仕事はやろうと思えば社員でできるから」(よって特別なわけじゃなく時給も上げない)と言っているだけに、「え、辞めちゃうんだー」とは言えないのだろう。そうだね。Office系AdobeWindowsMacも社員よりいじれてホイホイ言うこと聞いてくれる時給900円で働いてくれるひとはいくらでもいるから困らないよね。私ももう「辞めたら残された人が大変だろうな」とか心配するのはやめよう。

 

勤務時間の終わりが来ても当然すべての業務は片づかなかった。社員が慌ててきて「ごめんメルマガだけ」というので、だれも(社員も)読んじゃいないメルマガ発行のために残業した。でも辞めると言えただけ、気持ちは少し楽になった。これからは辞めるにあたっての身辺整理をしていこうと思う。

【保護猫】そろそろ限界かもしれない。

里親募集するのが、という意味で。

 

先日、ネコジルシの募集ページに問い合わせコメントがきました。

それがこれ。

f:id:tarako3016:20171130090710p:image

 翻訳サイトで無理くり作った文章だなー、と思いつつ、私の出している条件には確かに外国人は不可とか書いてあるわけじゃないので、質問し返してみる。

今後ずっと日本で住むのか、ペット飼育可能な住まいか、何故この子がいいと思ってくれたのか。

そうしたらこの返答。

f:id:tarako3016:20171130091203p:image

よくはわからないけど、熱意は伝わるなー。

と思い、わかりました、これから先は個人情報のやりとりになるから直にメッセージください、と返答したら、音信不通になった。

 

またこのパターンかと。

 

だからさ、気持ちが変わってもいいんだから連絡くらいしてよ。連絡くらい。

 

ボランティアさんや保護活動してる人の、これでもかという里親条件は、こうして作り出されちゃうんだろうな、とつくづく思いました。

こういうのばかり相手にしてたら、そりゃもう最初からふるいにかけたくなっちゃうよね…

 

私もだいぶ疲れました。誠実でない人たちがあまりに多くて。

保護猫はこのまま和室暮らしになってしまうかもしれないけど、寒空に追い出したりするよりマシだし、それでいいかもしれない。

そんな気にすらなってきています。

 

システム担当のプログラマーさんが消えるようにいなくなった。

前のプログラマーさんも久しぶりに本社のここに来たと思ったらにこやかに「今日で最後です。じゃ」と、昨年の夏逃げるようにいなくなったけど、今回の方もやはり2年もたなかったか…なんの挨拶もなくもう退社されたらしい。

 

いや無理もない。私は彼女に何か言える立場にない。きっと彼女なら別のもっといい会社がすぐに見つかるとおもう。幸せになってほしい。おみやげのブラウニーいただきますもぐもぐ。

 

私もじきにここを離れますから。

停電状態になりました。

台風21号の影響で、我が家に送電している電柱のヒューズが切れました。

 

朝起きたら、冷蔵庫がついてませんでした。

リビングの明かりがつかず、テレビもルータもついてないのです。

洗面所の明かりと、洗濯機、給湯器、二階の一部屋だけはOK。

ブレーカーを見ても、落ちてはいません。

 

夫を起こして東京電力に連絡をとってもらうと、午前10時くらいに見えた方より、ヒューズが切れた件を伝えられました。

しかし、その方は電柱にのぼれないので、あとでまた別の人を呼ぶと。

とりあえず、冷蔵庫だけはほっとくとやばいので動かしてプラグを伸ばし、電源が使えるコンセントへ。

夫と2人で冷蔵庫裏の掃除に明け暮れました。

午前11時くらいに来た人たちは様子を見て、「高所作業車がないと作業できないんですが、あいにく今日は各地に出払っていまして、いつ来れるかわからない状態です」と言いました。「今日中には…来れると思いますが」

 

…うう早く、来て〜

 

待機していないといけないので私はパートを休みました。

まわりのお家の人に聞いても、「うちは電気ついてるよ」とのことで、困っているのは我が家だけの模様。確かに、ニュースを見ても、うちは停電の地域に含まれていませんでした。

とりあえずお腹が空いたので、コンビニに食料を買いに行きました。

 

昼からずっと待機していましたが、日がでているうちは子どもたちも外に出たり、家で本を読んだりしていました(台風の影響で学校が休み)。同じく休みだったはずの夫は、「あ、今日は会議だったから会社行かなきゃ」と言って出て行きました。なんでだよ…

だんだん日が沈んでくると、焦りが出てきました。え…まだかな…みたいな。

いよいよ本や漫画を読むのもキツくなると、次男はブツブツ言い始めます。ヒマだの、ルータだけはつけろだの。

私は昔キャンプで使ったランタンと懐中電灯、ペンダントタイプのライトをもちこみますが、暗いと、どんどん気持ちが沈んできます。

長男はランタンすら消し、横になって、ゴダイゴガンダーラ大貫妙子メトロポリタン美術館などを黙って聴いていました。ちょうど、ここのところ「キノの旅」を一気見していたこともあって、何か浸っていたのかもしれません。

私は白菜と豚肉を並べた鍋を作りました。

長男は「おれはサンドイッチ食べたからいい」と二階へ。次男は相変わらずWi-Fiつけろ、Wi-Fiつけろとうるさい。暗闇でしばらくiPhoneからAmazonミュージックのプレイリストの、なるべく陽気な洋楽ポップスを流しましたが微妙な空気が流れました。

 

結局東電さんが来たのは20時前。30分ほど全ての電気を消して作業され、すべて復旧したのは20時50分頃でした。

 

つ、つらかった…

 

リビングに明かりがないだけで、こんなに気持ちが陰鬱とするなんて。

ランタンも、1つだけだと心許ないです。

幸い、それほど寒い日ではなかったから毛布くらいで防寒できたけれど、もっと冬場だったらかなり厳しい状況でした。猫たちを抱いたりもしたけど…保護猫の部屋も暗いし、ホットカーペットつかないしで気の毒でした。

 

夜明るいのは大事ですね…

身にしみました。台風こわい。

 

【保護猫】アニマルホーダーによる悪意なき里親応募

昨日のエントリで、地元ボランティアの方からの忠告をなんだか煩わしいもののように書いてしまい申し訳ありませんでした。

よく考えれば先方にとってはリスクはあってもメリットなんてほとんどないわけで、そんななか善意で忠告をしてくださったのです。考えを改めます。本当に申し訳ありませんでした。感謝します。

でも、まどマギキュウべぇみたいなこと言った母については、とりあえず気持ちの保留をする。

 

昨日、本当に◯◯という男性から電話がきました。声の感じは40〜50代以上、口癖が「いわゆる」が文の中にちょいちょい入りますが要約して喋るというわけでもない、みたいな。

「前は、たくさん家に猫がいたんですけど、いまは1匹もいなくて。また、面倒をみなきゃ、って思って。それで、◯◯◯を見て記事を見つけたので連絡しました。いわゆる、マツモトキヨシっていうの?ああいうとこで買った猫のご飯が、まだ余ってるんです。家はいわゆる、◯◯で。◯◯へはこうこう、ここをまっすぐ行ってどこどこで…」という感じで話されました。

私はとりあえず即決を避け、丁寧に「申し訳ありません、いま、別の方で話が進んでいまして、もし、そちらがダメでしたら、またこちらからご連絡します」と言って切りあげました。

そして地元ボランティアの方に、前に言っていたのはこの人で間違いないか、またどのポイントで詐欺なのか聞いてみました。

 

「その人です。一緒に活動されている方が近所で家も知っています。すごいゴミ屋敷で、前は高齢のお母様と二人暮らしだったのだけど、その頃からたくさん猫を引き取っては何故か紐につないで飼って…ちゃんと飼養できずいつの間にか死なせてしまうんです。本人に知的障害があって、改善させられないんです。お母様のほうにも発達障害があって、息子のためにと猫を引き取っていました。お母様が亡くなっても、そうした飼い方はやめておらず、たとえば子猫5匹が里親募集に出されていたら5匹とも引き取ろうとします。死ぬのを見越しているんじゃないかと思われるんです」

 

たぶん、本人はほんとうに猫が好きでも、飼える人ではない。

たとえば明確な虐待目的や転売目的といった悪意でもって里親詐欺をするのと違い、本人に悪気はないのかもしれないけど、ちゃんと飼育できる能力がないらしい人だとわかりました。アニマルホーダー、というものだと思います。

 まだそうだと知らずに数年前猫を引き渡してしまった人が、何故いま生きていないのか考えると恐ろしいと…。

 

もちろん、こんなことを聞いたいま、彼に引き渡すことはできません。

問い合わせ自体が少ないため、こういうことが起こると本当に悲しいです。

里親探しはまだまだ続きそうです。